【京都市】空き家売却に対応!京都市の空き家に関する基礎知識とは?

お問い合わせはこちら

コラム

【京都市】空き家売却に対応!京都市の空き家に関する基礎知識とは?

京都市で空き家売却!空き家売却に向けた基礎知識!

近年、国内で問題になっているのが、住人がいなくなった空き家の増加です。人が住まない家は傷みやすく、犯罪の温床となってしまう例もあります。空き家はそのまま放っておくのではなく、適切な対処が必要となります。

例えば、空き家売却も対策の一つです。しかし、空き家売却をしたいと考えた際、「どのような売却方法があるのか」「細かなルールがわからない」などの疑問点も出てきます。京都市で空き家を売却する前に、知っておきたい情報とはどのようなものなのでしょうか。こちらでは、空き家売却に関する基礎知識をご紹介いたします。

査定前に確認!京都市の空き家率と空き家対策

模型の家

京都市で空き家売却を進めるにあたり、査定依頼は欠かせません。その査定を依頼する前に押さえておきたいことに、京都市の空き家率や空き家対策の取り組みが挙げられます。

京都市でも空き家の増加は課題となっており、様々な対策が講じられています。事前に京都市の空き家率や空き家対策を把握しておくことで、より空き家売却へのモチベーションを上げることにもつながります。こちらでは、査定前に知っておきたい、京都市の空き家率や空き家対策の取り組みなどをご紹介いたします。

空き家率

京都市の空き家率はどのくらいになるのでしょうか。下記の数値は、「平成30年住宅・土地統計調査」によって発表されたものです。

エリア 総住宅数 空き家数 空き家率(%)
全国 62,407,400 8,488,600 13.6
京都府 1,337,100 171,800 12.8
京都市 821,000 106,000 12.9

前回の調査時と比べると総住宅数は増加したものの、空き家数と空き家率はともに減少しています。しかし、今後も予断を許さない状況が続くといえます。同じ京都市でも地域によって空き家率が異なります。例えば、東山区は交通の便が良く、京都らしい雰囲気が残るなど、京都市でも絶好の立地といえます。そのような場所でも、京都市内では空き家率が高めなのです。

空き家を管理するためには、税金や管理費用などもかかります。また、建物だけでなく設備機器の管理も必要など、思っている以上に手間・コストが必要です。だからといって放置すればするだけ、京都市の空き家は増えていくことが予想できます。空き家の増加により、京都市が独自で行っている取り組みも難しくなることも考えられます。

空き家問題の解消には時間を要するからこそ、京都市で素早い空き家売却を叶えるには十分な下調べを行うことが大切なのです。それにより、他の物件と差別化を図りながら戦略的な売却を目指せます。どのように調べたらよいかわからない場合、要望に沿った空き家売却を支援する不動産会社などに相談することも一つの方法です。

空き家対策・取り組み

空き家対策

京都市では数ある空き家のために、どのような対策を行っているのでしょうか。

空き家対策は行政の力添えが必須

空き家を放置することは、安全面や衛生面、地域の治安が悪化するなどのリスクを抱えています。このようなリスクを改善するためには、しっかりと管理することはもちろん、空き家の有効活用が必須です。ただ、空き家を活用するといっても、空き家売却や空き家管理は簡単に済ませられるものではありません。だからこそ行政の力添えが必要になってくるといえるでしょう。

主な空き家対策

京都市が行っている主な空き家対策は以下のとおりです。

  • 空き家発生の予防
  • 空き家の活用・流通の促進
  • 空き家改修費用に対する助成

まずは大前提として空き家にさせないための対策です。空き家管理や空き家売却が難しいのなら、そもそも空き家にさせなければいいという考え方です。市民新聞、固定資産税の納付書に空き家の実情を知らせるチラシを入れる政策が代表的です。

また、現在空き家を抱えている方に現実的な対策となるのが、地域ごとの空き家相談員を育成するコンサルティングです。地域ごとに適した空き家の活用方法を提案するといった政策も挙げられます。観光地周辺の空き家はギャラリーハウスに改修するなど、持ち主が管理しなくてもいいだけではなく、収入源の一つとして昇華させることが可能です。

他にも京都らしい趣がある空き家は、クラウドファンディングを用いてカフェに転身するケースもあります。建物自体の強度に不安を感じている場合、「京都型耐震リフォーム支援事業」で助成金(最大60万円)の補助を受ける方法もあります。

買取も相談!空き家対策特別措置法と京都市の魅力

物件の管理までしなければならないとなれば負担が増えるため、敬遠するのも至極当然といえます。しかし、空き家を放置することはデメリットが多く、そのままにしておくのは難しいのが現状であり、国も空き家の放置を看過できないとしているほどです。

京都市でも空き家対策として様々な対策を講じていますが、それでもやはり空き家売却をしたいと考える方も多いでしょう。こちらでは、売却や買取などを依頼する前に押さえておきたい、空き家対策特別措置法や京都市の魅力について解説いたします。

空き家対策特別措置法とは?

空き家

空き家対策を早急に進めるために知っておきたいのが、空き家対策特別措置法です。

どのような政策なのか?

空き家対策特別措置法とは、国が施行している方策の一つです。空き家の増加に応じて発生するトラブルに対処することを目的に、平成26年に成立しました。空き家を放置することによって起こる害悪な要因を少しでも是正するため、京都市だけではなく全国で行われています。ただし、すべての空き家が対象になるわけではありません。

主な条件

空き家対策特別措置法の対象となる空き家は以下のとおりです。

  • 倒壊の危険性がある
  • 管理が甘い、放置されたことによる衛生面の危険が考えられる
  • 住宅や周囲の管理がされておらず、景観を損ねる
  • その他、周辺住民に害悪を及ぼす危険性がある

これらの対象となった空き家を所持している場合、役場から適宜、空き家の撤去や修繕、管理をするよう指導されます。指導を受けてすぐに動けば問題はありませんが、指導を受けながら放置すると勧告を受けることになりかねません。

勧告を受けると固定資産税の住宅用地特例から除外され、固定資産税が最大で6倍に跳ね上がる可能性があります。空き家管理にはただでさえ費用がかかるものです。必要以上のコストを抱えることにならないよう、空き家対策特別措置法についてしっかりと学んでおきましょう。

ちなみに空き家対策特別措置法に引っかかる共通点は、「空き家の周辺住民に損害を与えないか否か」です。今すぐ空き家の対処ができないという場合、管理をこまめに行うことが一つの対策になるでしょう。また、空き家を有効活用できないようであれば、早々に空き家売却に向けて動くことが大切です。

魅力

京都市の魅力

古い歴史を持ち、日本人のノスタルジーを刺激するような文化的な面を色濃く残す京都市。空き家売却を考える際は、京都市の魅力を理解することもポイントです。

日本独特の四季を感じられる

京都市は山に囲まれた盆地であることから、夏は暑く冬は寒い、四季を感じやすい立地です。この言葉だけを聞くと「過ごしにくいのではないか…」と思われがちですが、現在の住宅環境を考えれば快適に過ごせます。

四季ごとの特徴が強いということは、日本が誇る四季折々の美しさを堪能できる要素であるともいえるでしょう。春は桜、夏は川辺、秋は紅葉、冬は凛とした空気など、古き良き時代から続く季節を楽しめます。

子育て、学びやすい街

また、京都市は子育て環境日本一を目指している都市でもあります。人口1,000万人越えの大都市であるにもかかわらず、民間保育園や認定こども園、小規模保育事業などの協力を募り、保育園に入りやすい状況を整えています。次世代を育てることにも意欲的です。現在、日本で大きく問題となっている少子高齢化にも対処している地域だといえるでしょう。

世界有数の人気観光都市

これらに加えて、世界有数の人気観光都市であることも京都市の大きな魅力です。和の雰囲気や情緒を日頃から感じたい方には、外せない地方都市であるといえます。

京都市という地域は、多くの方が興味を持ちやすいという点で大きな長所を持っているといえます。京都市での生活に魅力を感じて、物件を探す方も多くいらっしゃいます。また、住まい以外にも活用できるとして需要が期待されます。所有する空き家でお困りの際は、新たな利活用の促進に向けて空き家売却を検討してみてください。

京都市で空き家売却を行うなら株式会社興亜不動産へ

京都市は古き良き日本を感じられる、とても魅力的な都市です。魅力的な都市であるにもかかわらず、空き家問題を抱えていることにはそれ相応の理由があります。

また、昨今新しく開発されている住宅事情も関係ないとはいえません。京都市が取り組んでいる対策、補助も上手に活用しながら、京都市での空き家売却をスムーズに進めていきましょう。株式会社興亜不動産では、京都市の空き家売却のお手伝いをいたします。

地域密着の不動産サービスで、お客様のご要望に沿ったサポートをさせていただきます。空き家売却をはじめ、不動産に関することでお困りの方はお気軽にお問い合わせください。

京都市で空き家売却や買取をご検討の方は株式会社興亜不動産へ

会社名 株式会社興亜不動産
代表者 泉 千鶴子
所在地 〒603-8211 京都府京都市北区紫野上石龍町5
電話番号 075-493-3455
FAX番号 075-493-3466
営業時間 9:00 〜 19:00
定休日
設立年月日 1980年5月31日
資本金 1,000万円
免許証番号 京都府知事(5)第10546号
所属 社団法人全国宅地建物取引業保証協会
社団法人全国建物取引業協会連合会
社団法人京都府宅地建物取引業協会
公益社団法人近畿圏不動産流通機構(国土交通大臣指定)
URL https://koua.co.jp/

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。