【京都】不動産買取の相談前に確認!不動産査定や買取の基礎知識

お問い合わせはこちら

コラム

【京都】不動産買取の相談前に確認!不動産査定や買取の基礎知識

京都で不動産買取・査定に関する情報を発信

京都で不動産買取の相談する前に知っておきたいポイントには、どのようなものがあるのでしょうか。「査定価格はどのように決まるの?」「買取や契約の方法がわからない」といった疑問を抱えている方も少なくありません。不動産買取の相談前には、査定価格の決まり方、査定サイトに関する情報、買取の方法、契約などを理解しておくと安心です。こちらでは、不動産査定に関する情報をはじめ、仲介と買取の違い、契約不適合責任の概要などをご紹介いたします。

査定価格の決定方法と査定サイトのメリット・デメリットとは?

不動産買取の際に査定価格はどのように決定するのでしょうか。適正な価格で不動産を売却するには、価格の目安を知ることが重要です。不動産査定を行うことで、売却価格の目安を把握できます。また、査定サイトのメリット・デメリットも気になるところです。

京都で不動産買取を依頼する前に、査定価格を決める方法をはじめ、査定サイトの良し悪しをしっかりと理解しておきましょう。こちらでは、不動産買取の査定価格の決まり方や、査定サイトのメリット・デメリットをご紹介いたします。

査定価格はどうやって決まるのか?

査定価格はどうやって決まるのか?
査定方法は2種類!

京都での不動産買取を成功させるためにも、査定によって適切な売却価格を導き出す必要があります。査定方法は簡易査定と訪問査定から選択でき、本格的な査定価格の算出が行われます。

【簡易査定】

簡易査定とは、京都周辺での成約事例といった過去のデータをもとに、売却価格を予想する査定方法です。物件は確認せずデータのみで査定するため、おおよその目安を知りたい場合に用いられます。不動産会社に足を運ぶ必要がなく、短時間で査定を終えることができるのがメリットだといえます。

【訪問査定】

訪問査定とは、不動産会社の担当者が直接その場所に足を運び、詳細な調査を行う査定方法です。不動産の情報に加えて、敷地の形状やインフラ、設備状況などを細かくチェックしていきます。多くの時間を要しますが、正確な査定価格を算出できます。京都内で納得のいく査定価格を知りたい方は、訪問査定のほうが適しているでしょう。

査定価格の算出方法

査定価格の算出方法として、以下の3種類が挙げられます。

【原価法】

原価法は主に戸建ての査定に用いられます。物件の建て直しを行った場合、いくらになるのかを考える算出方法です。築年数に応じて、老朽分を引いた査定価格を求めます。

・計算方法

査定価格=単価×総面積×(耐用年数-築年数)÷耐用年数

【取引事例比較法】

取引事例比較法とは、マンションや土地を中心に、過去に売買された物件の取引事例と比較しながら、1平米あたりの価格を算出する方法です。転勤などによる事情補正や時期による時点修正、地域による地域要因、リフォームによる個別的要因を考慮して査定価格を決定します。

・計算方法

査定価格=取引事例価格×事情補正×時点修正×地域要因×個別的要因

【収益還元法】】

収益還元法は、投資物件の将来の価値を考慮して査定価格を算出する方法です。収益還元法はさらに「直接還元法」と「DCF法」の2種類に分けられます。直接還元法は、通常1年間の純利益を一定の還元利回りで割って算出します。DCF法と比べて簡単に算出できる分、精度は劣ります。

・計算方法

査定価格=1年間の収益÷還元利回り×100

DCF法は、資産が生み出すキャッシュの予想価格を現在価格に割り戻して算出します。計算方法は少し複雑ですが、直接還元法と比べても精度は高いです。

・計算方法

査定価格=将来の売却予想価格の現在価値+毎月得られるキャッシュ予想価格

不動産査定は物件の種類や状況、売却の目的などに応じて適切な方法が異なります。京都で不動産買取を行う際は、それぞれの特徴を十分に理解したうえで選択することが大切です。

査定価格を一括サイトで調べるメリット・デメリット

査定価格を一括サイトで調べるメリット・デメリット

不動産の査定価格を調べる場合、一括査定サイトを利用することも一つの方法です。

メリット

不動産一括査定サイトには、以下のようなメリットがあります。

【査定の手間を減らせる】

不動産一括査定サイトは、築年数や間取りなどの項目を入力するだけで、候補となる不動産会社が表示されます。1社ずつ電話やメールで連絡する必要がないので、査定依頼にかかる手間を軽減することができます。

【査定内容を比較・検討できる】

不動産一括査定サイトを利用することで、複数の不動産会社に同じ条件での査定を行ってもらえます。それにより、各不動産会社の査定内容や売却プランなどを簡単に比較・検討することが可能です。また、それぞれの対応の違いをはじめ、物件の強み・欠点などを改めて認識できることも魅力といえます。

【無料で査定ができる】

基本的に、不動産一括査定サイトは無料で利用できます。不動産会社側が一括査定サイトに紹介手数料を支払っているため、利用者にはお金がかからない仕組みとなっています。また、査定を依頼した不動産会社と必ず契約しなければならないという決まりもないので、気軽に使えるのもメリットといえるでしょう。

デメリット

不動産一括査定サイトにはメリットだけでなく、デメリットもあります。

【営業電話やメールが来る】

査定の依頼を受けたからには、どうにか契約を取り付けたいというのが不動産会社の本音です。そのため、査定後に他の不動産会社から営業電話やメールが来てしまうケースも少なくありません。サイトによっては、営業電話などに関する相談窓口を設けているところもあります。

【極端に高い査定価格を提示する業者がいる】

自社との契約を成立させるために、相場よりも明らかに高い査定価格を提示する不動産会社も存在します。他社の査定内容と十分に比較したうえで、自身にとって最適な不動産会社を選ぶことが大切です。

相談前にチェック!不動産買取と仲介の違いと契約不適合責任

京都で不動産買取の相談をする前に、不動産買取と仲介の違いや契約不適合責任について理解しておくことをおすすめします。それぞれの特徴などを把握することで、自身の要望に適した不動産買取を進めることにもつながります。こちらでは、不動産買取と仲介の違いをはじめ、契約不適合責任の概要などを解説いたします。

不動産買取と仲介を比較!

不動産買取と仲介を比較!

不動産買取と仲介の大きな違いは、買主が異なることです。不動産買取の場合、不動産会社が買主となって取引を進めます。一方、仲介の場合は一般の個人のお客様を対象に取引を進めます。また、それぞれのメリットとデメリットにも違いが見られます。

不動産買取

不動産買取のメリット・デメリットは下記のとおりです。

【メリット】

  • 仲介手数料がかからない
  • 売却完了までのスピードが速い
  • 契約不適合責任が免責される

【デメリット】

  • 売却価格が相場の7~8割程度でしか売れない

不動産買取の場合、不動産会社が買主となります。そのため、仲介手数料はかからず、契約もシンプルなので早期に現金化することが可能です。しかし、相場よりも売却価格が安くなってしまうのがデメリットです。

仲介

仲介のメリット・デメリットは下記のとおりです。

【メリット】

  • 希望価格で不動産を売却できる
  • 広告や宣伝により、幅広い売却活動を行える

【デメリット】

  • 売却が完了するまで時間がかかる

仲介の場合、不動産会社を介して物件を売却します。そのため、売却相場に合わせた価格設定ができるでしょう。また、広告や宣伝などを活用し、売却活動を幅広く行えます。ただし、売却活動に時間を取られるため、売却完了までの手間がかかってしまうのがデメリットです。

以上が不動産買取と仲介それぞれのメリット・デメリットです。期限が決まっている方は不動産買取、時間に余裕がある方は仲介といったように、目的や状況などに合わせた売却方法を選択するとよいでしょう。

契約不適合責任とは?

契約不適合責任とは?
タイトル

京都で不動産売買を検討する中で、契約不適合責任という言葉を耳にしたことがある方もいらっしゃるでしょう。

契約不適合責任とは、買主に売り渡した不動産に関して、品質などの欠陥により、買主に対して負うべき責任のことをいいます。仮に買主側が不具合を発見した場合、1年以内に売主に知らせる必要があります。

主な責任内容

買主が売主に請求できる責任は下記のとおりです。

  • 目的物を修補する際に請求する追完請求
  • 雨漏り修理などにより、代金を後から減額する代金減額請求
  • 売主の過失による損害賠償請求
  • 追完請求に応じなかった場合の催告解除
  • 契約解除を求める無催告解除
不動産買取なら免責可能!

多くの場合、木造の腐食や雨漏りなどによる責任追及が多く見られます。ただし、不動産買取の場合、契約不適合責任は免責となるのが一般的です。屋根裏の欠陥が気になるなどといった不安を抱えている方は、買取を選ぶとよいかもしれません。

京都で不動産買取のご相談なら株式会社興亜不動産

ここまで、査定価格の決定方法や一括査定サイトのメリット・デメリット、仲介と買取の違い、契約不適合責任についてご紹介いたしました。不動産買取はそう何度も経験するものではないため、わからないことも多々あります。

希望に沿った取引を進めるためにも、不動産会社に相談して疑問点や不明点を解消することがポイントです。地域に密着した株式会社興亜不動産では、京都の不動産事情や物件の特徴などを踏まえたうえで、適切なサポートをご提供いたします。京都で不動産買取をお考えの際は、お気軽にご相談ください。

不動産買取・査定依頼の流れ

京都で不動産買取・査定のご相談なら、株式会社興亜不動産にお任せください。こちらでは、ご依頼の流れをご紹介いたします。

  1. お問い合わせ「物件を探している」「住宅ローンで困っている」、「不動産を売りたい」「管理に困っている空き家がある」、
    こういったご相談のある方は、当社にお問い合わせください。お電話もしくはのお問い合わせフォームより受け付けております。
  2. 無料相談ご相談は無料で承っております。お客さまのお悩み、ご希望、身の回りの状況など、何でもお聞かせください。親切・丁寧にお聞きして、最適なサポートをご提案いたします。
    なお、物件をお持ちの方はこちら、物件をお探しの方はこちらのページもお読みください。詳しい流れをご説明しております。
  3. ご契約サポート内容・お見積もりにご納得いただけたら、契約書に署名と印鑑をいただき、ご成約となります。
    わからないことがあれば、何でもお気軽にお尋ねください。わかりやすく丁寧にご説明いたします。
  4. サポート開始契約書の内容にもとづき、不動産売却、物件のご契約サポートなどを開始いたします。サポートを開始した後でも、お気づきの点があれば何でもお申し付けください。

京都で不動産買取の相談なら株式会社興亜不動産

会社名 株式会社興亜不動産
代表者 泉 千鶴子
所在地 〒603-8211 京都府京都市北区紫野上石龍町5
電話番号 075-493-3455
FAX番号 075-493-3466
営業時間 9:00 〜 19:00
定休日
設立年月日 1980年5月31日
資本金 1,000万円
免許証番号 京都府知事(5)第10546号
所属 社団法人全国宅地建物取引業保証協会
社団法人全国建物取引業協会連合会
社団法人京都府宅地建物取引業協会
公益社団法人近畿圏不動産流通機構(国土交通大臣指定)
URL https://koua.co.jp/

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。